22才独身無職女性の神待ち体験告白

家出してもう半年になるな~
お金なんてないしたまにオジサン相手の
お小遣い稼ぎで暮らしてきたけど
やっぱりベッドか布団でゆっくり寝たいし
たまにはカップ麺以外のご飯食べたくて
神待ち掲示板で神様探してみたの。

出来るだけ長く住めるのが良かったけど
一晩とか3日とかが多くてなかなか
1ヶ月とかの神様っていないな~と
諦めかけてたら
なんか46歳っていう独身のオジサンが
長期でもいいよって事でとりあえず
ご飯おごってもらう事になったのね。

そのオジサンだけど凄く
シブイてなんか良さそうかも。

それに高そうなスーツだし顔も
結構好みだし神待ちしてラッキーだったかも。

ご飯もお寿司屋に連れてってくれて
名前わかんないけどお魚は超おいし~し
お土産も買ってくれて最高。

オジサンはITの会社の人って言ってて
お金持ちみたい。

この前の神待ちで会った人は工場の人で、寝る所はあったけど結局2日しかダメでがっかりだったから
オジサンに本当に長く住める?って
聞いてみたの。

オジサンは笑って、いいよって
言ってくれてマンションに連れて行かれて
部屋を見てビックリ。

凄い広さで綺麗で、お風呂は広いし
冷蔵庫は食べ物一杯だし嬉しくなっちゃった。

その場で抱きついてオジサンに
キスしちゃった!
そのままズボン下げてパクってオジサンの
くわえてあげたの。

オジサン気持ち良さそうだったし
ちょっとフェラは自信あったから
そのままお口の中で出してもらって
全部飲んじゃった。

このままエッチかな~って思ったら
オジサンは仕事で出なきゃいけないって事で
おあずけでちょっとがっかり。

フェラだけでムズムズしてたし
広いベッドでオナっちゃったけど
やっぱり足りなくてオジサンの帰りを待ってたの。

オジサンが帰ってきていっぱいエッチしたら
もう朝でビックリだったけど
凄く気持ち良かった。

その後もエッチする時は
オジサンきちんとゴム付けてくれるし
凄く優しいからちょっとまずいかも。

神待ちで会って好きになるなんて
ありえないのに
オジサンの事が好きになっちゃったみたいなの。

優しく抱かれるのも好きだし
終わった後もダッコしてくれて
安心するしどうしよう。

オジサンがいいならずっと一緒にいたいし
もう神待ちしなくていいしって
思いきってオジサンに聞いてみたら
オジサンはキスをしてくれて
恥ずかしそうに鞄から小さい箱を
くれたの。

中には凄く綺麗な指輪が入っていて
嬉しすぎて大声で泣いちゃった。

今はもうオジサンじゃなくて
愛する旦那さまになってくれたよ。

神待ち掲示板ありがとう。